【エロネタ】変なニュース-アダルト版

毎日のエロくて抜けるおかしなネタをご紹介。

カテゴリ:エロ体験談

【名作】お互いに幼稚園で性に目覚め小5からセックスにハマった私たちの奇妙な関係

LINEで送る
Pocket

両親が共働きであったため、私は幼稚園ではなく保育園に通っていた。

保育園は幼稚園と違って夕方まで園児を預かる。

そして、給食のあとは2時間ほどのお昼寝があった。

私はその頃からませた子どもだった。

ませた子どもは、他のませた子どもがわかる。なんとなく通じるのだ。

私は、自分で言うのもなんだがませた男の子達からモテていた。

「延長保育」と言って、親の仕事等の都合によって開園時間後も園を開放する制度があったが、私はそれに該当する園児だった。そして、同じような園児と暗くなり始める時間まで一緒に遊んでいた。

延長保育の時間、私は仲の良い男の子とよく遊んでいた。

女の子の友達は、みんな比較的早く帰宅していたのが理由だ。

ある日、たかしくんという仲の良い男の子がこんなことを言い出した。

「裏のさ、庭に行かない?」

私は快諾した。裏庭は先生の目があまり届かず、ちょっとスリルを感じた。

たかしくんに促されるまま私達は裏庭へ行った。

たかしくんは、私に「ちゅーしていい?」と聞いた。

私は「ちゅー」の意味は分かっていたが、なんとなく恥ずかしかったので「え~?」と躊躇っていた。

しかしたかしくんは素早く私にキスをした。

頭が真っ白になる思いがした。他人のくちびるがあんなにも気持ちいいとは思わなかった。

そして私達はすぐにディープキスを楽しんだ。

それから、たかしくんと私は、先生の目を盗んでは裏庭へ行き、お互いのくちびるの甘さを確かめ合う仲になった。

ある日、お昼寝の時間に私とたかしくんは隣同士の布団に寝ることになった。

説明しておくが、園児らはそれぞれ自分の枕を園に置いており、お昼寝の時間の前になると、その日の当番さんが枕をランダムに布団に置いていくのだ。

そしてその日、たまたまたかしくんと私の枕が隣に並んだのだ。お昼寝の時間は、先生が絵本を読み聞かせしてくれる。みんな、すぐに眠りにつき、時には先生もまた一緒になって寝てしまう。

普段からあまりお昼寝の時間も寝付けなかった私は、先生の読み聞かせる声が途絶え、教室全体が静まりかえった頃になってもぱっちりと起きていた。

そのとき、隣で寝ているはずのたかしくんが私の方へ手を伸ばしてきた。驚いたが、心の何処かで喜んでいた。こうなることを望んでいた。

反応した私にたかしくんも驚いていたようだったが、私達は掛けられた布団の下でお互いの身体をまさぐりあい始めた。主に、パンツの中を。

セックスについての知識はもちろん無い。

しかし、性器を触ることがいやらしいことであり、またそれが快感をもたらすということを私達は本能的に知っていたのかもしれない。

たかしくんは、私の割れ目を、私は、たかしくんの硬いものを、飽くことなく触りつづけた。

それ以来、たかしくんと私とのどちらかが枕を配る当番さんになると確信犯的に私達の枕を並べた。もちろん、目的は1つだ。

そのうち、たかしくんは親の仕事の都合で引越し、もちろん保育園も退園していった。

私はそのことを少しだけ寂しいと思ったが、恋愛していたという訳でもなく、その寂しさはすぐに消えてしまった。

残ったのは、たかしくんとの「あそび」でおぼえてしまった快感への未練であった。以来、私はそれが「自慰」であるとの自覚なく、オナニーを覚えていった。

毎晩、寝る前に性器を触るのだ。ただ、それだけだった。

やはりセックスの概念がないためか、性器を触るだけで満足していた。

小学生時代は、その園児時代の体験のせいか、性に関してとても強い関心を持った子どもだった。

そんな私が、セックスというものを初めて目の当たりにしたのは、小学校5年生の頃、友達の家で見たアダルトビデオだった。友達のお兄さんが持っていたビデオを、面白半分にみんなで再生したのだ。

みんなは「エロ~い」などと言い、ふざけあっていた。私ももちろん軽口を叩いたが、内心はとても興奮していた。あんなにいやらしい行為があるのだ、と喜びさえ感じていた。

以来、私のオナニーはただ漠然と性器を触るというものから、はっきりとセックスを意識したものへと変化していった。同じ頃、私に初潮が訪れ、身体そのものも大人への変化を始めていた。

胸は、既にCカップあった。

近所には、毎日のように下校を共にする男の子がいた。

恋愛感情があった訳ではない。ただ、彼―あきおくん―は頭が良く、話も合い、また同じクラスということもあり仲が良かったのだ。

その日も、私達は一緒に帰っていた。そしてあきおくんはこう言い出した。

「俺、家帰ってからおまえんち行っていい?りょうくんと」

りょうくんとは、私が密かに思いを寄せていた、やはり同じクラスの男の子だった。

そのりょうくんが、私の家に来る、と思っただけで単純に嬉しかった。

私は「え~どうしよっかなぁ」と小学生らしい照れを見せながらもOKした。

そして約束通り、あきおくんとりょうくんはうちを訪ねてきた。

私の両親はそのときもやはり共働きだったので、家の中には鍵っ子だった私だけだった。

私達は、小学生らしく3人でゲームをしたり学校のことを話したりおやつを食べたりしながら時を過ごした。片思いをしていたりょうくんと一緒にいる、と思っただけで私はとても楽しかった。

しかし1時間もしないうちに、地域のスポーツクラブに所属していたりょうくんはうちを後にして練習へ行ってしまった。

あきおくんと2人になった私は、少しだけがっかりしながらも、残ったのがりょうくんではなくあきおくんであったことにホッとしていた。

りょうくんと2人だとうまく話せないかもしれないからだ。コタツに入っていた私達はゲームを続けていた。するとふいに、正座していた私のモモに、寝転んでいたあきおくんが頭を寄せてきた。

「ひざまくら、楽ちん~」と言うあきおくんに、私はちょっとドキドキしていた。

男の子にひざまくらなんて、初めてだったからだ。

そのうち、あきおくんはゲームをする手を止めた。そして、こう言った。

「ねー、エッチなこと、したい」

一瞬、その意味を捉えかねたが、私はすぐにうなずいた。

エッチなこと。

保育園の頃よりははるかにそのことを分かってはいた。

しかし、どうすればいいかは分からない。戸惑っている私のスカートの中に、あきおくんは手を差し入れてきた。太ももをなぞり、パンツのゴムに潜り込む手。

私は正座していた足を崩し、絨毯の上に身体を横たえた。あきおくんは、私のスカートをめくった。

「ん…」声が漏れる。

「ねえ、脱ごっか」とあきおくんが言う。

あきおくんと私は身体を起こし、お互いの服に手を掛け合った。小学生の私にとって、男の子に自分の身体を見せるのはとても恥ずかしかった。

しかし、その恥ずかしさを越えるほどの「エッチなこと」への強い好奇心が私を突き動かしていた。

ブラジャーを見たあきおくんは、「おまえ、やっぱブラジャー着けてるんだね。男子が噂してたから」と言った。

私は火が出るほど恥ずかしかったが、うん、とうなずいた。

裸の胸を見られるのが恥ずかしかったので、下着姿のままコタツの中へ身を入れた。

「なんで隠すの、見せてよ、おまえ、クラスで一番胸大きいよな」

あきおくんが後ろから腕を回してくる。あきおくんも上半身を露にしていたので、私達の裸の肌が触れ合い、そのことが私の頭を狂わせた。あきおくんが、ブラのホックを両手で外すのを背中に感じた。

決して器用ではないその手つきが、なんだかいとおしかった。

「こうなってるんだ」とあきおくんは外したブラをまじまじと眺めていた。

「あんまり見ないでよ」と言う私に、あきおくんは「キスしよう」と言った。

私達は、そのとき初めてくちびるを重ねた。保育園の頃のたかしくん以来の口づけだった。

そのキスは、すぐに濡れたものになった。舌を入れ、舌を吸い合い、粘膜の味を楽しんだ。随分長い間、キスをしていたように思うが、どれくらいだったかは分からない。とにかく、お互いのくちびるを求め合った。

そのうち、あきおくんの手が私の胸に置かれた。私は何とも言えない喜びを感じていた。

あきおくんはくちびるを離し、代わりに私の上で腕立て伏せをするように身体を起こして私の胸におそるおそる口づけた。胸への優しいキスは、すぐに激しい愛撫へと変わった。

ぴちゃぴちゃ、と音を立てて乳首を吸われ、私はますます真っ白になっていく自分を感じていた。腰の周りに広がる、じんわりとした感覚。むずむずと落ち着きをなくしていく。

パンツの中へ入れられる手によって、その居心地の悪いむずむずは解消される。それを求めていた。ずっと、誰かに触られたくてしょうがなかった。

性器に触れられるスリルと快感が一緒くたになって私の身体に押し寄せる。

「…ぬるぬるしてる…」

あきおくんが、つぶやいた。

次のページへ→
こんな記事はいかがですか?
注目されている記事
この記事、あなたはどう思いましたか?

コメントを残す