【エロネタ】変なニュース-アダルト版

毎日のエロくて抜けるおかしなネタをご紹介。

カテゴリ:エロ体験談

【告白】従姉妹のオナニーを覗いた中学の思い出【画像】自慰行為はカーテンを閉めて!

LINEで送る
Pocket

僕が中学1年生、従姉妹M子が高校二年生でした。

夏休みや冬休みになると、泊りがけで遊びに行くのが習慣になっていて、その日も夏休みが始まってまもなく姉と二人で泊まりに行ったのです。

家に着いたのは確か昼過ぎでした。M子は部活で居ませんでした。しばらくは姉とM子の姉S子と三人でトランプやオセロをしていました。

やがて三人ともゲームに飽きてきて、姉とS子がおしゃべりを始めると僕はM子の部屋に入っていきました。そして帰宅したM子を驚かそうとベッドの下に潜り込んだのです。

今か今かとM子の帰宅を待っていたのですが、なかなか帰って来ず、僕はいつの間にか眠ってしまったのでした。そして、人の気配を感じて目を覚ましました。

寝ている間にM子が帰ってきたのです。ベッドの下からは彼女の足首の十センチくらい上までしか見えません。帰宅して着替えを始めたところのようでした。

ベッドの下から姿を見せて、彼女を驚かせるタイミングを失ってしまった僕は、逆に着替えを覗き見したと思われるのが嫌で息を潜めて、部屋から出るタイミングがやって来るのを待ちました。

着替えを済ませたM子がステレオに近づき、FM放送をかけ、そして座椅子に座りました。僕はびっくり仰天しました。M子は下半身がショーツだけだったのです。

ベッドの下からは彼女の左半身、肋骨の下辺りから下の部分しか見えませんでした。しかし太腿剥き出しの生脚がすぐそこに見えました。彼女との距離は精々2メートルくらいだったと思います。

上半身は黒のTシャツを着ているようでした。従姉妹とはいえ、僕はM子に女を感じてしまい、股間を硬くしてしまいました。

勃起したチンコのポジションを変えたかったのですが、動くとベッドの下に隠れていることがばれてしまうと思い、痛みを我慢しました。

M子は雑誌を呼んでいるようでした。このまま、ベッドの下から覗き見したいという気持ちと早く逃げ出さなければという気持ちが綱引きをしているようでした。もちろん覗き見が優勢でしたがw。

それから10分か20分くらいが過ぎたころだったでしょうか。M子の右手が股間に伸びて、掌全体を割れ目に押し付けるようにしながらゆっくりと前後と言うか上下にスライドし始めたのです。

横から見ているので太腿に隠れてどのように陰部を触っているのかは見えません。掌全体で陰部をなでる様な感じでした。

当時の僕はすでにオナニーをするようになっていましたが、女性がオナニーをすることを知りませんでした。 女性性器の構造もよく知りませんでした。

ただ股間に亀裂があり(幼女のように)、そこからおしっこをするのだ、と言うくらいの認識でした。

次のページへ→
こんな記事はいかがですか?
注目されている記事
この記事、あなたはどう思いましたか?

コメントを残す